医療法人社団みどり会 武里病院

0120-8343-56

各部署紹介武里病院の各部署をご紹介します

医局

当医局は、精神科や内科を専門とする医師だけではなく、神経内科や皮膚科、外科など多岐にわたる専門医の医師が在籍し、患者さん一人ひとりに対して様々な角度から専門的な診療を行っています。

病院長:大野智之

薬局

薬局は、薬剤師4名とクラーク1名で構成されており、とてもアットホームな部署です。薬事委員会や感染予防対策委員会など、各種委員会にも参画するなど総合的に関わっています。
 院内で外来調剤を行っているため、医師との連携が取り易く、患者さんの相談にも迅速かつ細やかに応対しています。また、抗認知症薬の使用データを集積・解析し、より良い使用方法を医師にフィードバックしています。
私たちは「認知症専門病院の薬剤師としてできる事は何か」を日々考えながら業務を遂行しています。

事務局ごあいさつ

医療や介護業界で働く方々は「人の役に立ちたい」という思いから、この業界に入られた方が大半と思います。私たちは、経営管理の視点から事業の円滑な運営を担うこともありますが、医師や看護師などの専門職をサポートする部門として「人の役に立ちたい」と思います。

事務局長:岩﨑龍朗

総務課

私たちは、法人組織における事務全般を請け負っており、人事労務、財務経理、購買用度、設備管理の業務を担っています。武里病院や春日部認知症保健福祉センターの円滑な運営に寄与すること、又、職員が安心して働けるよう頼りがいのある部署を目指しています。

医事課

私たちの仕事は「医療費を請求すること」と言えば間違いではないのですが、病院の玄関から一番近く患者さんやご家族の方が最初に顔を合わせる存在として、不安や緊張されて来院される方が少しでもほっとできるよう笑顔で応対することを心がけています。

医療福祉相談室

私たちの目標は『認知症の方やそのご家族様が安心して生活できるように支援していくこと』です。認知症についてわからないこと、不安なこと、初めての外来受診の相談や医療・福祉のサービスのことなど、お気軽にご相談ください。

リハビリテーション室

私たちは患者さんの生活機能が長期的に維持されるリハビリテーションを主として活動しています。リハビリテーション計画では、集団活動から個々の状態に合わせた内容を医師や看護師などの専門職と協力しながら作成し、多職種連携により患者さんの機能維持に努めています。

栄養科

栄養科は管理栄養士2名、栄養士1名が在籍しており、患者さんへの食事提供と栄養管理を主な業務としています。毎日、患者さんに安全でおいしい食事が提供できるよう、病院の指示・管理のもと、委託業者により献立作成や調理、配膳、衛生管理の業務が行われています。また、入院された患者さんの栄養状態を把握し、個々に合わせた食形態や食事量の検討など、多職種と連携を取り合いながら栄養管理を行っています。

放射線科

放射線科は、最善・最適(より安全で効果的)な検査を技術的側面で行います。外来診療では、胸部X線撮影、認知症診断のための頭部CT撮影(横断面・縦断面の2方向撮影)を行っています。病棟では、主に病室にてポータブルX線撮影装置によって胸部・腹部のX線撮影を行っています。いずれも看護師と連携を取りながら、安全な撮影に心掛けています。

託児保育施設:ひよこルーム

ひよこルームは、子育て中の職員が安心して働けるよう0歳から就学時前の乳幼児をお預かりしています。私たちは、年齢に応じて遊び方も工夫し、こども達が楽しく過ごせるように、保育士一人ひとりが笑顔で迎えられるよう心がけています。

病院清掃

私たちは家族のようなアットホームなメンバー8人で清掃を担当しています。清掃範囲は各病棟から管理棟まで広範囲に渡りますが、入院されている方や通院されている方、同僚の職員が毎日快適に安心して過ごしてもらえる院内環境を目指しています。また、敷地内の畑にて季節の野菜を栽培し、患者さんやこども達に楽しんでもらえる体験活動もしています。

病院のご案内